南方貨物線廃線跡調査 3

調査結果

中川運河〜西名古屋港線接続部

中川運河の橋梁は完成済み。 中川運河の先も高架橋が真っ直ぐ続く。
武道館脇の小割通と交差。 西名古屋港先手前で高架は途切れる。(プレハブの屋根のすぐ左が高架橋の先端)

中川運河の橋梁はすでに完成していた。その先も立派な高架橋が続く。

武道館の脇を通り、工場脇をすり抜けると、西名古屋港線との接続部分に至る。

新幹線から分かれた先からここまではずっと真西に真っ直ぐ進んでいる。路盤は完全に完成し、線路を敷くのみのようだ。

西名古屋港線接続部〜名古屋貨物ターミナル

西名古屋港線の手前で高架は途切れている。 左写真の反対側。南方貨物線に接続するために作られていた高架橋は取り壊し中だった。
右にカーブしている高架橋が南方貨物線に接続する予定だった物である。 名古屋貨物ターミナルへ続いていた高架橋は取り壊しの真っ最中。
この北が名古屋貨物ターミナルとなる。 名古屋貨物ターミナルの西。まだ後2線くらい付け足す予定だった様子が見える。

西名古屋港先手前で高架橋は途切れる。

西名古屋港線は現在旅客線化するため一時運行を休止し、線路を取り外して大がかりな工事が行われている。西名古屋港線は第3セクターの名古屋臨海高速鉄道「あおなみ線」(法律上の路線名は西名古屋港線)として高架複線電化の路線として生まれ変わっている。そのあおなみ線から、途切れた高架橋をはっきりと見ることができる。

私が最初に調査に訪れたときはまだ工事中で、南方貨物線に接続予定で作られていた高架橋も取り壊し工事の真っ最中だった。また、現場に貼ってあった図によると新たに建設される西名古屋港線では南方貨物線への接続は全く考慮されないようだった。

西名古屋港線の現役時代に来たことがなかったので、西名古屋港線が地上を通っていたのかどうか分からないのだが、高架橋を見ているとここから名古屋貨物ターミナルまでの数100mは西名古屋港線と(合流するのではなく)平行して進む計画だったような感じがする。

名古屋貨物ターミナルは高架上に作られているが、意外に狭い感じだった。どうやらこれも国鉄の財政事情によって予定の半分程度の規模しか完成していないからのようである。それを示すようにターミナルの西側には国鉄用地と書かれた空き地が広がっていた。


START UP