上山田線廃線跡調査 5

調査結果

熊ヶ畑〜真崎

県道を渡って熊ヶ畑トンネルへと入っていく路盤。 熊ヶ畑トンネル入り口。
熊ヶ畑トンネル出口。路盤は草むしてきているがまだ十分歩ける。 熊ヶ畑トンネル出口。トンネル内にはレールが残る。入り口の光が見えた。
熊ヶ畑トンネルを抜けた先の路盤。ここからはレールは残っていなかった。 真崎駅跡を示す記念碑類。
真崎駅跡にはホームが残っていた。 真崎駅跡のホームには待合所の屋根も残る。階段は後で設けられた感じである。

熊ヶ畑を出ると川崎町へ抜ける県道を横断して熊ヶ畑トンネルへと入る。県道を横断していた踏み切りは無くなってしまっていたが前後はレールも残っている。

熊ヶ畑トンネルは全長1.7Kmの長いトンネルで一直線に川崎町へと伸びている。入り口に柵などはなかったが通り抜けるにはかなりの覚悟がいるだろう。

曲がりくねった県道で山を越えてトンネルの出口にまわる。トンネル出口側も柵などはない。出口のすぐ手前まで行ってみると入り口の光が見える。トンネル内にはレールも残っていた。

トンネルを抜けてしばらく田園地帯を進むと真崎駅跡。道路脇にった駅跡は鉄道記念公園になっていた。駅舎こそ残されていないがホーム1面がホーム上の待合所と共に残されていて良い雰囲気である。駅跡を示す大きな碑もあったが、少し草むしていて手入れはあまり良くない感じである。

真崎〜東川崎

線路跡の道路の脇に東川崎駅跡を示す記念碑が建つ。手前が豊前川崎方向。 東川崎駅跡を示す記念碑。

真崎駅から少し進んだ地点からは線路跡は道路に変わっていた。

東川崎駅跡は道路脇が少し広くなっている所に駅跡を示す記念碑が建っていた。記念碑以外に駅跡と分かるものはないが、この碑があるお陰でここが駅跡だと分かった。

東川崎〜豊前川崎

大きくカーブしたあと日田彦山線に沿って駅構内へとはいる。手前が豊前川崎駅。 豊前川崎駅構内。日田彦山線に沿って伸びてきた車止めのある線路が上山田線のものと思えた。
豊前川崎駅駅舎。建てかえられていた。 豊前川崎駅駅舎脇の歩道橋から池尻、東川崎方構内を望む。正面から降りてくる道路の先は駐車場。

東川崎の先も線路跡は道路になっている。しばらく進んだ後、北から大きく回り込んで豊前川崎に入っていたのだが、この回り込む部分も道路となっていた。

豊前川崎手前で日田彦山線に寄り添うところで道路は途切れる。踏切を越えると豊前川崎駅構内である。

駅から日田彦山線に沿ってもう1本レールが延びていて、踏み切り手前で途切れていたが、これが上山田線の線路だったのではないかと思われた。

豊前川崎駅駅舎は建てかえられていて、ホームも1面1線だけだったが、かつては何本も側線があったのではないかと思われ、その構内跡は駐車場などになっていた。


目次ページへ