上山田線廃線跡調査 2

調査結果

平恒〜臼井

平恒駅から臼井駅へと続く線路跡の道路。 臼井駅跡。道路の脇に広い空き地があり、駅跡であったことは一目瞭然。奥が平恒方向。
ホームの一部と思われるものが残っていた。 ホームから平恒方向を見る。

平恒駅から次の臼井駅まではかなり距離が長い。線路跡らしく緩やかなカーブと緩い勾配の道路を走っていると道路脇炭鉱時代の遺物と思われるものがいくつか見られる。

臼井駅跡は道路が線路跡らしからぬ急勾配で上って下った場所にあった。おそらく他の道路と繋げるためにこのようにしたのだろう。道路の右手が広い空き地(というか芝生)になっていて、ここに何かあったろうことは一目瞭然である。

その芝生の傍らにホームの残骸と思われるコンクリートの台と電柱が建っていた。他の部分が芝生に整備されている所を見るとわざと残してくれているように思える。

臼井〜大隈

大隈駅跡の公園に建つ信号機。 大隈駅跡の公園。信号機がある以外は普通の公園である。
大隈駅跡を見ていると代替バスがやってきた。

臼井駅を出ると左にカーブしながら2本の川を渡る。橋は車で通りすぎながら見ただけだが、鉄道時代の痕跡はないようだった。

大隈駅跡は川を渡って田園地帯を少し走ったところにあった。公園になっていて、信号機が建っているのが駅跡の名残といえる。ちょうど鉄道の後を継いだ代替バスがやってきて1人の乗客を乗せて発車していった。

大隈〜嘉穂信号場

曲がりくねる道路の脇に上山田線の築堤が残る。嘉穂信号場直前。 嘉穂信号場跡を道路から見上げる。正面の草野から待ったアーチが合流点。手前が上山田方。
丘の上から信号場を見下ろす。右手からほぼまっすぐに上山田線が通り、左手から漆生線がカーブしてくる。 合流点を望遠で撮影。合流点のすぐ隣に信号場の建物がかすかに見える。
嘉穂信号場の隣に空き地がある。ここが信号所の入り口だったのかも知れない。 空き地の隣の踏み切り跡には線路が残っていた。

大隈駅を出ると丘陵地帯にさしかかる。線路跡だったはずの道路だが、いつの間にか右手に線路跡の築堤が現れている。

道路が曲がりくねった上り坂になっている場所が嘉穂信号場である。

道路からでは線路を見上げる形になってよく分からないので、どこか築堤上を見るのによい場所はないかと探していると、ちょうど地元の人に出会った。

地元の人の話では漆生線との合流点は草がからまりついたアーチのある場所で、昔は信号場の建物もあったのだが今は残っていないとのこと。なお、その方は漆生線のことを油須原線と仰っていた。漆生線のこの部分は元々油須原線として建設され、部分開通によって便宜上漆生線に組み入れられたため、地元では油須原線という呼び名の方が通っているのだろう。

「鉄道廃線跡を歩く」に葬儀場から眺めると絶好の展望であると書いてあったので、(上山田に向かって)道路右手に葬儀場入り口とあったので入ってみるが見通せる場所はない。おかしいなあと思ってあきらめようとしたら、道路左手の丘の上にも葬儀場があるのを発見。上ってみるとここが絶好の展望所だった。こんな近くに2つも葬儀場があるから紛らわしい。

丘の上から眺めると分岐点の様子や左手から合流してくる漆生線の様子がよく分かった。分岐点の草の絡まったアーチの脇には良く見ると草に隠れかけているが建物が見える。地元の方は建物は無くなってしまったと仰っていたが、しっかり残っていた。他にも道路に面した建物などがあり、それはなくなってしまったということなのだろう。

信号所のすぐ先には、道路に面してコンクリートの空き地があった。ここが信号所の入り口で何か建物があったのかも知れない。その脇の道路の踏み切り跡にはレールが残っていた。


目次ページへ