蒲原鉄道廃線跡調査 3

調査結果

土倉〜冬鳥越

土倉のすぐ先、国道をオーバークロスするところ。大蒲原側には橋台が残っていた。 国道をオーバークロスしていた橋台。左写真と同じ物。
道路脇にひっそり残る冬鳥越のトンネル。向こう側の光も見えた。 冬鳥越駅ホーム跡?向こう側はスキー場。
冬鳥越駅跡。ホーム跡ではないかと思えたところ。 冬鳥越駅には車両も残っていた。

土倉のすぐ先、国道をオーバークロスする地点では前後の築堤がはっきり残っていた。

その先すぐにトンネルで峠を抜け、抜けた先が冬鳥越の駅である。駅間距離はかなり短い。

トンネルは冬鳥越駅側からは比較的簡単に確認できた。道路から少し踏み込むと、かなり低い位置にトンネルが通っていた。位置が低いので今後土砂で埋まってしまうのではないかと懸念される。長さはそれほど長い物ではなく、向こう側の光が見えた。

冬鳥越の駅はスキー場に併設されていたようだ。スキー場は集客のために蒲原鉄道が開業したもののようで、今も健在だった。管理棟の脇の長いコンクリート基礎がホーム跡ではないかと思えた。管理棟の脇には車両も残されていた。ここは国道脇なので車両などもよく目立つ。

冬鳥越〜陣ヶ峰

東加茂駅の先、山の脇を進んでいたが、今は道路になっていた。奥が東加茂方向。 左写真の反対側、加茂駅方向。線路跡を利用した道路が途切れ、築堤が現れた。
右上写真と同じ場所。築堤を別角度から。ここからトンネルに向かって高度を上げる。 陣ヶ峰駅から東加茂方向を見る。写真奥で右カーブしてトンネルに入っているはずである。
陣ヶ峰駅ホームに上る階段。草むして崩れかけていた。 陣ヶ峰駅ホーム。奥が東加茂方向。市街地を一望できる高い築堤上にあった。
陣ヶ峰駅ホーム。奥が加茂駅方向。

冬鳥越からはしばらくは谷の間を進む感じ。線路跡は築堤などになっていたのではないかと思えるのだが、よくわからない部分が多かった。国道の改修が行われたようなので、そのために線路跡は失われてしまったのかも知れない。

七谷駅は一番駅施設が残っている場所らしいが、このときはそれを知らなかったこともあり立ち寄らなかった。

七谷からは北に向きを変えて加茂川に沿って進む。線路は川の東側を通っていたが、道路は川の西側を通っているため線路跡の様子はよく分からなかった。

少し平野部になってきたところで狭口駅となる。田園の中の駅だったようだがここも立ち寄っていない。

川沿いに更に進んだ駒岡駅も田園の中の駅だったようだ。ここも立ち寄っていないので現在の様子は不明。

駒丘から先は住宅地となっている。線路は山沿いを遠慮がちに進んでいたようだ。東加茂駅は一時期終着駅だったこともある駅なのだが、どこにあったのかよく分からなくなっていた。

その先は築堤になって高度を上げ、トンネルを抜けて高い築堤で陣ヶ峰駅へと至る。トンネルにする必要もないような地形だが、建設時にすでに市街地が出来上がっていて線路を通す場所がなかったのだろう。

陣ヶ峰駅は信越本線を越える直前の高架の上にあった。ホームへ登る階段は草むして崩れかけていたが、ホームはまだ健在だった。トンネルを抜けてきた路盤や、道路と信越本線をオーバークロスしていた橋台がよく見える。


目次ページへ