羽幌線廃線跡調査 6

調査結果

2001年8月25日(土)

豊岬〜共成
豊岬の先の築堤とトンネル。 豊岬の先のトンネル。
天塩大沢の手前のコンクリート橋。 天塩大沢の直前部分。右端が左写真のコンクリート橋、道路を越えた左部分が天塩大沢駅。(中央部を横切る築堤が線路跡)
唯一残された停止目標標識(右部分に立っている標識)が駅跡を示す。 深い切り通しの下にあった共成駅。今では雑草に覆われていた。

豊岬から再び海岸まで突き出た山岳部を越える。国道は急激に高度を上げているが鉄道はそうはいかないのでトンネルとなっている。このトンネルは国道からも見ることが出来、トンネル手前の築堤部分もそのまま残っていた。

トンネルを抜けた先にはコンクリート橋(高架橋?)が道路からも辛うじて見ることが出来た。その先にあった天塩大沢(てしおおおさわ)の駅は駅舎などはなくなっていたが、ホームでの列車停止位置を示すダイヤモンド型の停止目標標識だけがぽつんと残っていた。ちなみにこの駅跡には網がばらまいてあります。地面を良く見ないで車で入るとタイヤに絡まって大変なことになる可能性があるので注意しましょう。

天塩大沢からも丘越えが続く。国道が丘を登り詰めた部分にあった共成(きょうせい)駅は深い切り通しの下にあったようで、駅に行くには急な階段を下らなくてはならなかったものと思う。今では線路部分共々深い雑草に覆われている。何か残っているのかも知れないが、駅に下っていたはずの道もどこにあるか分からない状況で駅跡に近づくことは出来なかった。なお、最初停止目標が見えたと書きましたが、写真を拡大してもそれらしいものはなかったので見間違いの可能性が高いです。

共成〜遠別
歌越駅跡と思われる場所。牧場の一部になっていた。 歌越の先に残るコンクリート橋。
天塩金浦付近のコンクリート橋。 天塩金浦〜遠別間に残る小橋梁。
道の駅「富士見」を山の上から見下ろす。 左写真のすぐ右(北)側。国道の手前に橋梁があったはずである。
右上写真と同じ場所。線路跡を推定するのは困難になっている。 遠別駅跡に建つバス待合所。

共成からは谷へと下り、歌越(うたこし)駅に至る。歌越駅跡は牧場になっているようだった。

ここから先は山が海まで迫っているような部分はなく、海岸に近い平坦地を走る。

歌越の先の川にはコンクリート橋が残っていた。その先も国道から少し離れた山側を路盤の跡が続く。この辺りの川を渡っていた小橋梁は撤去されないで残っていた。

天塩金浦(てしおかなうら)駅のあった思われる場所には駅跡と思われる物は何もなかった。駅跡は草むらに飲み込まれてしまったようだ。

天塩金浦から少し進んだ所にも民家の裏に短いコンクリート橋が残されていた。

路盤跡はこの先道の駅「富士見」の敷地へと吸い込まれている。道の駅の先は国道の橋と並んで遠別川を渡り、遠別の市街へと入っていたはずだが、その路盤跡はほとんど分からなくなっていた。

遠別(えんべつ)駅跡はバス待合所が建っていた。待合所はあまり大きな物ではなく、かつて拠点駅だった面影はなくなってしまっていた。


目次ページへ