羽幌線廃線跡調査 4

調査結果

2001年8月25日(土)

古丹別〜羽幌
古丹別駅跡に建てられたバスターミナル。 バスターミナル隣には農協?の建物も。
苫前駅の構内食堂。 右写真反対側。奥が羽幌方。道路に線路跡を埋めた改修跡がある。
羽幌駅跡。腕木式信号機が立つ。 羽幌駅跡。奥にはバスの車庫がある。
羽幌駅跡地にあった記念碑
羽幌駅跡の一角には記念碑があった。 広大な羽幌駅跡。

古丹別の駅は中心部の西側にあったが、その跡は立派なバスターミナルとなっていた。その隣にも農協等公共の建物が建っていて、広大な駅であったことが分かる。

古丹別を出たあと、再び三毛別川を渡っていたのだが、その跡も分からなかった。

古丹別からは西に向きを変えて海沿いへと向かう。途中の上平(うえひら)駅はさっぱり分からなかったので通り過ぎる。

その先では古丹別川を渡っていたのだがここもよく分からなかった。

国道沿いに戻った線路は国道からは少し離れて山側を進み、そのまま苫前の集落へと入っていく。苫前駅跡は「廃線跡を歩く」にある構内食堂は見つけられたが、どんな感じに駅があったのかはよく分からなかった。

苫前の次は線名にもなっている羽幌である。当然大きな駅であったはずで、その駅跡はバスターミナルやバスの車庫、駐車場などとして利用されていた。腕木式信号機が立っていて、一角には羽幌線を偲ぶ記念碑もあった。

羽幌〜天塩有明
羽幌川を渡っていた場所。対岸に橋台撤去工事跡と思われる工事跡がある。奥が幌延方。 築別駅跡。短いが広い舗装道路が駅があったことを示している。
築別駅構内跡。草むしている。 防護林の脇を進んでいた。奥が幌延方、左手に海がある。築別〜天塩有明
天塩有明駅跡。短い広い舗装道路と駅前食堂が駅があったことを示す。 天塩有明駅跡を駅裏手から見る。

羽幌を出るとすぐに羽幌川を渡っていた。川の前後の路盤は確認できたが橋は完全になくなっていた。川岸に工事の跡があり、そこに橋台があったのだろうと推定できるのみである。

築別(ちくべつ)駅は国道から斜めに集落に入る道を進んだ突き当たり近くにあった。短い舗装道路が駅前広場につながる道だったと分かる。構内は草むした資材置き場となっていた。

築別からはかつて羽幌炭坑鉄道が分岐していた。この鉄道は羽幌炭坑の石炭を運び出すために建設された鉄道だが、途中の曙までは名寄とを結ぶ名羽線に転用される予定だった。しかしその名羽線も開通することなく工事は凍結されている。羽幌炭坑鉄道及び名羽線(ごく一部)についてもついでに調査してきたので別途掲載します。

築別から天塩有明(てしおありあけ)の間では防護林の脇に路盤跡がはっきり残っていた。海からの強風を避けるために植えられたのだろう。

天塩有明駅には駅前食堂だったと思われる食堂が残っていた。駅跡には何もなく、ただの空き地となっていた。


目次ページへ