羽幌線廃線跡調査 2

調査結果

2001年8月25日(土)

留萌〜臼谷
留萌駅駅舎。2階建てのかなり大きな物である。 広い構内は草むしている。遠くの白い建物の前あたりに羽幌線ホームがあったらしい。
右端に途切れた跨線橋が見える。 留萌を出たすぐ先の路盤。奥が留萌駅。
右上写真の反対側。この先で留萌川を渡っていた。 左写真の先。留萌川に突き当たる。橋の跡は全くない。
国道の山側には線路の走っていたスペースが残る。 海を見ながら国道に沿って走る。

まずは早朝の留萌駅から調査開始。留萌駅に行ったのは朝5時くらいだったので、駅は静まりかえっていた。改札は素通りできたので校内に入って撮影。

留萌は、現在はホーム2面3線の駅として使われているが、ホームの脇には広大なスペースが残り、かつては貨物扱い等が頻繁に行われていた非常に大きな駅だったことが分かる。

羽幌線は配線の都合上駅舎からはかなり離れた構内の端から出ていたらしい。構内を横断して羽幌線ホームまでつながっていたはずの跨線橋は途中で途切れていた。

留萌駅を出た線路は緩やかに右カーブしながら高度を上げ、留萌川の鉄橋へと続いていたはずである。「鉄道配線跡を歩く」に記載されている跨線橋は跡形もなくなっていたが、線路敷きは川の手前の部分に砂利道として残っていた。橋の跡は全くなくなってしまっていたが、前後の様子から斜めに川を渡っていたことが分かる。

川を渡るとその先ですぐに国道をくぐって山側に出ていたはずだが、国道の改修が行われたようでその跡も明確には分からなかった。国道が少し高くなっているのがその名残だと思われる。

三泊(さんとまり)の駅は国道沿いにあったはずだがさっぱり分からなかったので次に進む。後日あるサイトでバス待合所に利用されているプレハブの建物が駅舎だと知ったが、このときはそんな駅舎とは知らなかったので通り過ぎてしまった。以前「まだ残っているか定かでない」と書いておいたが、2003年4月現在まだ残っているそうである。

臼谷〜小平
臼谷の集落を貫く路盤跡に作られたらしい公園。奥が留萌方。 臼谷の集落の路盤跡に作られた公園。奥が留萌。1段上の空き地が駅跡かと思ったのだが・・。
小平交通公園説明文 クリックで拡大写真
小平駅跡の交通公園。広大な広さを誇る。 小平交通公園の案内板。駅跡に作られたことが書かれている。
小平交通公園。遊具はそれほど多くなく、場所だけがだだっ広い。 小平駅跡の交通公園に至る路盤跡。この先は道路である。奥が留萌。

線路はそのまま国道に沿って山側を走り、小平町に入ってすぐに臼谷(うすや)駅となる。駅跡らしき部分は細長い公園(小平蘂村記念公園)になっていた。しかし、公園に鉄道を思わせる物はなかった。

後日知ったことだがこの公園の場所は路盤があっただけで駅はこの先にあったらしい。現在は駐車場になっているそうである。

次の小平(おびら)駅は小平町の中心にあり、駅跡は広大な交通公園となって整備されていた。公園の広さからしてかなり大きな駅だったことが分かる。駅に至る路盤は道路と化していた。


目次ページへ