五新線廃線跡調査 3

調査結果

賀名生〜衣笠バス停

向賀名生バス停付近。集落の中を進む。 向賀名生バス停。コンクリート製のしっかりした作り。道路が広いのは行き違いのためだろう。
ちょうどバスが通り過ぎていった。(向賀名生〜大白川バス停) 大白川バス停手前。切り通しとオーバークロスする歩道?が鉄道路盤らしい。
大白川バス停付近から大白川トンネルを望む。 大白川トンネルを出たところ。手前が城戸方向。

賀名生から少しの間は川沿いの集落の中を走る。集落の中を走る通常の道路は狭く曲がりくねっていて走りづらい。

専用道を歩いてみると、途中で専用道に入れるような場所がある。専用道の脇に駐車場があったりして、明らかに一般車も専用道を走っているようだ。

向賀名生バス停は集落の中にあった。更に進むと大白川バス停となり、バス停の先で丹生川と国道を一気にまたいで大日川トンネルに入る。

大日川トンネルを抜けた少し先に衣笠バス停があった。バス停への道は民家の軒先を通る狭い石の階段で、地元の人に聞かないと分からないようなものだった。駅が予定されていたわけではないただのバス停程度では見つけるのは大変である。しかしバス停は(他のバス停もだが)かなりしっかりしたコンクリート製の待合所になっていて、当時もすぐ壊して鉄道にすることなどあり得ないだろうと考えられていた様子がうかがえる。

衣笠バス停〜城戸

山際の人気のない場所にあった衣笠バス停 国道の旧道から黒渕トンネルを抜けた路盤がかすかに見下ろせた。
黒渕トンネルを抜け、丹生川を渡る路盤を別角度から。 トンネルを抜けて黒渕集落へと続く路盤。(手前が黒渕バス停)
黒渕集落を進む路盤。黒渕バス停が見える。奥が城戸方向。 城戸駅。駅と言っても列車が来ることは永久にない。
JRバス阪本線 運賃・路線案内図
城戸駅をワイドで撮影。1面2線+留置線程度の駅になる予定だったのだろう。 城戸駅駅舎の中にあった運賃・路線案内図。

山の中という感じの場所にある衣笠バス停を過ぎると再びトンネル。黒渕トンネルというらしい。

城戸から先は特に近代的設計で、道路とは全て立体交差となるように設計されたようだ。これならバスも安心してスピードが出せると思う。

黒渕トンネルを抜けると丹生川を渡る。国道の旧道を通ると、木の隙間から僅かに路盤を見下ろすことが出来た。

丹生川を渡ったすぐ先でもう1つ短いトンネルを抜けると黒渕バス停となる。集落の中を土盛りの路盤が貫いている様子がよく分かる。

黒渕から丹生川沿いに山際を進み、専用道の終点となっている城戸に着く。集落より高い場所にあり、高架駅のようになる予定だったのが見て取れた。山と川に挟まれた厳しい地形であるが、第1期工事の終着駅であるため比較的広い構内が確保されていた。待合所はそのまま駅舎に出来るようなしっかりした建物で、城戸「駅」と書かれていた。国鉄バスでは、拠点となる停留所等は「駅」という名前で呼んでいたのである。かつては駅員も配置されていたらしい。


目次ページへ