岩日北線廃線跡調査 4

調査結果

高根口〜六日市
六日市トンネル出口。 トンネルを出るとすぐに中国自動車道をアンダークロス。
中国道をアンダークロスした後は築堤で進んでいく。奥の高架は中国道。(右が六日市) 第1高津川橋梁(民家の奥の築堤が路盤)。山際には中国道が走っている。(右が六日市)
路盤の終了地点。この部分は草むしている。奥が錦町。 路盤は突然途切れる。正面に見えるドーム型の建物は「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」

六日市トンネルの北の県道を迂回してトンネル出口に向かう。

六日市トンネルを出た先は舗装はされていないものの草は時々刈り取られている感じだった。

トンネルを出てすぐに中国自動車道をアンダークロスする。そして第1高津川橋梁を渡って六日市駅へと続く。

この区間は道路から少し離れていて完全に平行する道路はなかったのだが、少し進んで再び路盤のあるだろう地点に入ってみると路盤の終点らしき場所に出た。山の方からほぼ一直線に進んできた路盤がここで突然切り崩されたように途切れている。この付近の路盤はかなり草むしていた。

路盤の途切れた先は写真のように整備されているが、明らかに線路予定地だったと分かる。そしてこのすぐ先には町営の「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」という温泉施設が建っていた。この施設が駅予定地跡に建設されたものではないかと考えられる。

六日市〜日原
崩れかけた国鉄バス待合所。 日原駅遠景。この辺りから岩日線が駅に入っていく予定だったのではないかと思う。
日原駅駅舎。近年立て替えられたようだ。 日原駅ホームより山口方向を見る。左手から岩日線が合流する予定だった。
日原駅ホーム。 日原駅ホーム。線路が撤去されたらしい空間がある。

六日市から先は工事は行われていなかったようである。車で走ってみたがそれらしいものを見つけることはできなかった。

途中の道路沿いには崩れかけた国鉄バスの待合室を発見。国鉄は岩日線が完成するまでのつなぎ?としてバスを運行していた。その国鉄バス岩日線はJR西日本に引き継がれたのだが、このバス路線までもが赤字で廃止されてしまった。今は六日市町営バスが運行しているという話だがはっきりとは分からない。それだけ利用者がなかったということである。

岩日線が合流する予定だった山口線日原駅は現在は相対式ホームの駅だったが、昔はもっと線路があったようで、岩日線が入っても問題ないだけの規模の駅だったと思われる。現在は委託駅のようだった。


目次ページへ